薬剤師は医者の診断通りの処方せんを出さないといけない

薬剤師の主な仕事は正直いえば薬の調合ですね。
医師が処方した薬を薬剤師が調合する、これは今でも変わっていません。
薬剤師は常に患者とのコミュニケーションが大事です。

これは以前から言われていましたが、正直コミュニケーションが取れないと間違った処方をしてしまう可能性があるからですどんなにその人に今まであった薬を処方しても副作用が出た場合などは医者にそのことを薬剤師が言う義務があります。
これはコミュニケーションがしっかりとれた医師、患者、薬剤師の三位一体になってこそできるのですですからどこかがかけても意味が無いのです。

本当に病院に言って痛感したのは薬を出された時にまた飲むのかということでした。

確かに薬は誰も好きで飲んでいるわけではないです。

私も大きな病気をしてから飲んでいますが正直最初の頃は薬剤師さんのいうことすら聞かないままにやめたりしていました。
然し今考えれば薬はしっかり飲むのだなと思いました。
それはいざ病気が起きた時には取り返しがつかないからです。

病気は誰も好きで起きません。
薬剤師さんは普段から生活習慣病のことに関しても丁寧にアドバイスしてくれます。
また薬ののみかたなども説明してくれるので私にとってはありがたい存在です。

ですから病院に行ったら自分自身で薬剤師を見つけてお世話になるというのがいまの流れでしょうか。
個人的には病院の近くの薬局で薬もらっていますが正直これは指定の薬局ならどこでもいいです。

処方せん飲むこと大事ですよ
ですから色々と選べるわけなのでとても便利ということです。

私自身は今は精神疾患で通院していますが勿論他の病気で通院している人がいればその人にもしっかりと処方せんは飲むべきだといいます。
とにかく薬剤師が出す処方せんを飲まないと意味がありません。
医者の診察のあとに指定の薬を出しても飲まないとそれは溝にお金を捨てたものですから意味がありません。
私自身は2ヶ月分もらっていますが正直今は大変なのでしっかりと飲んで健康管理に気をつけています。

Read More

院外の薬局で薬剤師に処方せんを確認してもらう事について

医薬分業となって院外の薬局で調剤してもらう機会が増えました。
病院で薬をもらってしまえれば楽なのにわざわざ別に薬局に行くのは面倒だという方は多いようですが、私としては薬剤師さんに改めて処方せんをチェックしてもらえるので分業して薬局で調剤される方が安心できます。
ただ、薬剤師さんもやはり人それぞれです。

頼れる薬剤師さんがいればその薬局にも通いやすくなります。
ある日内科病院の受付でずっと問答をなさっている女性がいました。
聞こえてくる会話からすると、娘さんに持病がありその内科で診断してもらったそうですが、必要な分の薬が処方されていなかったようです。

薬局で処方せんをチェックしてもらった際にわかったそうです。

処方自体が間違っているという訳ではなく何日分か薬が足りないという事らしいのですが、ご自分の娘さんの健康に関わる話ですから、クレームを言いたくなるのは当然です。

処方せんのまま調剤せず、先に病院で確認してきてほしいと薬局の薬剤師さんに言われたそうです。


逆にちょっと残念だった例ですと、先日処方していただいた医薬品にはジェネリック医薬品にかえられるものがあったようで、後日封書でその旨が届きました。
私は基本勧められればジェネリック医薬品にかえてもらっています。
なのでその場で言われず変更できなかったのはちょっと損した気分になりました。
また、よく見る「朝・昼・晩の食後に飲む」という指示ですが、私は朝食をとる習慣がないので薬剤師さんにその旨伝えると、そうですか、と言われ流されてしまいました。
胃に負担をかけない為に軽くつまんだ後にでも飲めばいいというのはわかっていて念のため聞いてみただけだったのですが、指示してくれなかったのは何だかがっかりしました。

Read More

処方せんを見て薬剤師が薬を調剤します

一般的に医師から出された薬は、その場では受け取ることができません。
ときどき、院内処方として薬を処方しているところもあります。

しかし大半は、処方せんという医師の指示(薬の名前・用胞用量)が書いてある紙を受け取り、近くもしくは行きつけの薬局へ持っていきます。
そうすると、医師からの指示通りに、薬を準備してくれ、きちんと飲み方や薬の種類を説明してくれます。
説明を受けている段階で、少しでも薬について不安なことや心配な事があれば、きちんと質問し解決していくことが大切です。

不安なまま薬を使用していると、ますます不安な気持ちが募ってしまうことがあると思います。
自分が薬を使用していくので、不安なく使用していけるといいと思います。
薬によっては、薬同士の飲み合わせが悪かったり、薬を飲んでいることで食べてはいけない食物があったりするので、他院でも薬をもらっているときは、医師や薬局の方にはきちんと説明をしていくことが大事です。


薬剤師は、医師の指示通りに薬を準備して渡すだけではありません。
医師からの指示がきちんと正しい分量や用法なのかを、確認しながら調剤してくれています。
もし、用法や分量が間違っていれば、その都度指示を出した医師へ確認の電話をしています。
病院でも指示が間違いがないかを確認して患者へ手渡していますが、薬局でもチェックをしてくれています。
薬が1つでも間違っていれば、命にかかわってしまうかもしれなので、とても大事な仕事になってくると思います。

Read More

薬剤師の処方せんを私に行った時。

前に、私がいつももらっている頭痛薬をもらいに行っている、お世話になっている薬剤師の方がいる処方せんの薬局に行った時に、ちょうど頭痛薬の在庫が、たまたまなんですが、なかったんです。

そしたら、薬剤師の方に、次の日に私の家のポストに入れてくれるとのことで、配達をしてくれました。
薬を配達してくれる親切な、処方せんの薬局なんです。

もしかしたら、サービスで、在庫がなかったお詫びに、特別に配達をしてくれたのかもしれません。
そこの処方せんの薬局の方は、みんないい方ですし、すごく行きやすい薬局です。

処方せんのお薬手帳も、シールをキレイに貼ってくれたり、対応が親切な処方せんの薬局だったら、お薬をもらいに行きやすいです。


今はどこの処方せんの薬局でも、配達してくれるところもあるかもしれませんが、対応してくれる薬剤師の方だけではなく、アルバイトの男性の方も親切で、私の顔を覚えてくれていて、薬剤師の方をすぐ呼んでくれます。
処方せんを持って行ったら、体調の変化や、頭痛薬の効き目などを聞いてくれたり、すごく話し込んでしまうことがありました。
処方せんに書いてある薬についての説明も、細かく説明もしてくれたり、私の頭痛に関しても、常に行くたびに心配してくれてくれます。
それに薬を処方してくれる間の待ち時間もかからないように、気を使ってくれるので、病院で直接、薬を受け取るよりも、処方せんは、薬局で受け取るほうが、好きですね。

Read More

薬剤師の方が処方せんを丁寧に説明してくれることについて

病院に行って医師から薬を出されると、必ず診察が終わって会計をする時に処方せんをもらいます。
その処方せんを病院に隣接されている薬局や自宅の近くの薬局に持っていくと薬剤師から薬を渡されます。
それと同時に薬の説明を受けます。
薬局によっては薬を調剤するまでの時間をゆったりと過ごしてもらおうとテレビを設置していたり、無料でお菓子が食べれるコーナーが作られています。
薬剤師の人は、丁寧に処方せんに沿って薬の説明をしてくれるので受け取る側としても安心することができます。
説明が終わってから疑問に思ったことがあれば、質問するといいでしょう。
分かりやすく説明してくれます。
また、ほとんどの薬剤師の方が笑顔で対応してくれるので、次に薬局を利用する時もまたここに来ようと思う人も多いのではないかと思います。
私の母は、数か月前に病院に行って薬を出してもらったそうですが、薬局で処方せんを貼るノートをもらったみたいで早速、今までもらった処方せんをノートに貼りつけていました。
そのノートを持っていると、薬の調整もしやすいようなので私もいつかもらった時は大切に管理したいと思います。

また、薬剤師の方は薬局の規模にもよりますが最低でも3人はいるような気がします。
もちろん、大きな薬局であれば10人くらい薬剤師の方がいることもあります。
私は個人的に薬局の雰囲気が好きです。

理由は自分でもよく分かりませんが、なんとなく落ち着きます。
また、最近は病院に隣接されていない薬局も執と地域に作られているので、薬剤師の募集も増えているようです。

処方せんをもらったら絶対に隣接している薬局に行かなければいけないということはないので、自宅に近い薬局を利用することも可能です。

近くの薬局で薬剤師の方と仲良くなると日頃のちょっとした健康の悩みも相談できたりするのでとてもいいと思います。
そして、薬剤師の方と地域の人とのしっかりとした交流も大切だと私は思います。

Read More

ドラッグストアは仕事が多い

皆さんはドラッグストアで働いている薬剤師の方がどれくらいの給金を得ているかご存知ですか?
一般的に薬剤師という職業は高給取りのイメージがあるかと思いますが、これは地域や職場によって大きく異なってきます。
例えば病院勤務とドラッグストア勤務ではどちらが高給取りだと思いますか?多くの方が病院勤務の方が給金は高いと思われるのではないでしょうか。しかしながら実際は異なります。
皆さんが良く利用されるドラッグストアで働いている薬剤師の方は病院勤務よりも高給取りである場合が多いのです。具体的には、初任給でおおよそ25~35万円程度、初年度の年収は350~450万円になります。
病院勤務の場合は初年度の年収はおおよそ300~350万円程度なので、その差はあきらかです。
何故こうまで給金に違いが生じてしまうのでしょうか?その答えは仕事内容の違いにあります。ドラッグストアで働く薬剤師は本来の業務以外にも、売り場での接客業務等もこなさなければならないので給金もその分高く設定されることが多いのです。更にドラッグストア勤務の場合は、薬剤師手当てというものが付くことが多いというのも高給取りの理由の一つだと考えられます。

Read More

薬剤師は高給取り?

将来薬剤師を目指す理由の一つとして、給金の高さが挙げられるのではないでしょうか?
求人広告やネット上での募集要項等を見ていると、他の求人に比べ明らかに高給取りに感じられます。日本ではお金の話を前面に出すのはあまり良い顔をされませんが、生活していく上ではお金は必要不可欠な物。出来るだけ沢山の給料が欲しいというのは人間誰しもの本音なのではないでしょうか。
しかしながら薬剤師になれば確実に高給取りになれるという訳では決してありません。薬剤師といっても病院やドラッグストア、製薬会社等、勤め先は沢山あります。勤める場所によってもらえる給金も当然違うのです。
例えば、病院に勤務している場合、給料は初任給で20~25万円程度になります。初年度の年収で見るとおおよそ300~350万円が相場です。これが薬局長になると給料も上がってきます。
次に調剤薬局で勤務する薬剤師の給料は、初任給で22~30万円程度になり、初年度の年収はおおよそ350~400万円になります。これが更に管理薬剤師になると、年収が跳ね上がり500~600万円程度になります。病院と調剤薬局で比べてみると調剤薬局の方が、高給取りであることが分かって頂けたと思います。これは地域や規模によっても異なりますが、お金が欲しいという理由でこの職を目指す人は事前に良く調べておくことが必要でしょう。

Read More